山車修理

四季折々に繰り広げられる日本の祭。雅にそして勇壮に繰り出す“神輿や山車”には、太古から受け継いできた神への感謝の気持ちが込められています。

  • 山車でお困りの方
  • 山車製作
  • 山車修理
  • 山車の特徴

曳き廻される山車の見事な彫刻と豪華な刺繍。リズミカルな笛や太鼓のお囃子の音が小さな路地に響き渡り、心が躍り出す日本の祭。
都市の祭礼における「山車」の初めは、京都の祇園御霊会(祇園祭)の山鉾であると言われています。
「山車」は地方によって呼び方はまちまちで一説には山は神が降臨する地であり、神の依りしろである山をかついだり車をつけて引っ張ったりしたのが「だし」であり、それゆえに「山車」という字があてられ、「曳山」ともよばれるようです。

「山車」造りは、木を選ぶことから始まります。
何百年もの樹齢を重ねた木を伐採し何年も寝かし、その中から選ばれた最良の木材だけを使い、職人たちの手で木は「山車」として生まれ変わり、地域に根差してきました。

photo